カードローン返済

カードローン返済について

MENU
RSS

カードローン返済についての質問をまとめてみた。

○カードローンの返済計画はどのように立てればいいのですか?

「ご利用は計画的に!」
カードローンの宣伝で必ず用いられる表現です。
カードローンを上手に利用していくには、事前の返済計画が重要です。

 

まずは自分の現在の収入と支出を確認します。
そのうえで、必要金額を借入した場合の利息を含めた返済金額を計算しましょう。
各社のホームページ上では「返済シュミレーション」のツールが整っています。
借入の希望金額、利率などを入力することで毎月の返済金額が計算されます。
利率は、その商品の最上限金利で計算するようにしましょう。

 

収入ー(支出+返済金額)が必ずプラスにならなけらば、返済できないことになります。
このような状況で借入をしても、必ず返済に困窮することになりますので借りるのは絶対に控えましょう。

 

返済計画に不安がある方は、会社の担当者に相談してみましょう。
自分の現在の状況を詳しく説明しながら、貴方に合った返済計画を立てる手助けをしてくれることでしょう。

 

○リボ払いとは何でしょうか?

リボ払い(リボルビング払い)とは、借入金額を返済月数で割る「分割返済」ではなく、利用金額に関わらず毎月一定金額を支払う返済方式です。
例えば、毎月1万円を残高が無くなるまで返済を続ける、という方式です。

 

このうち「残高スライド方式」が現在のカードローンの主流となっています。
例えば借入金額30万円以下→返済額月2万円、借入金額10万円以下→返済額月1万円、といった具合に、残高に応じて支払う毎月の金額が段階的に変化する方式です。

 

リボ払いは返済額が一定ですので分かりやすく、返済への負担も少なく済みます。
ただし分割払いと比較すると、完済するまでの期間が長くなってしまいますので、利息総支払額は大きくなります。
その分長期的な返済計画も必要となってきます。

 

○カードローンの支払いのために、別のカードローンを申込んではいけない?

カードローンの返済に困った時、とりあえず別のカードローンで借入をして返済にあてる、という方もいらっしゃいます。
しかし、これは非常に危険なことです。
あくまで一時しのぎの策にしかならず、事態がさらに悪化していうことが想像できます。

 

カードローンを完済しないうちに、別のカードローンを利用してしまうと、2つのカードローンを返済しなくてはいけません。
返済が遅れることを防ぐために、また別のカードローンを利用する……
このような悪循環から抜け出せなくなってしまいます。
この状況を「多重債務」といい、大きな社会問題ともなっています。

 

「多重債務」なると、自分一人の力では解決できず、弁護士などの手助けにより債務整理や自己破産の手段を取らざるを得なくなります。
これまで一生懸命築いてきた資産も、信用も一気に失ってしまうのです。

 

カードローンの返済に困った場合には、すみやかにカードローン会社の担当者に相談するようにしましょう。
事情をきちんと説明することで、毎月の返済方法を少なくしたり、場合によっては一定期間利息だけの返済の措置を取ってくれます。
また、既に複数の借入を行っている方であれば、債務を一本化する「おまとめローン」も有効的です。
その他、消費者センターなどでも多重債務の相談に乗ってくれます。
借入を増やす安易な方法ではなく、きちんとした対処を検討するようにしましょう。

 

○カードローンの返済が遅れると、どうなりますか?

カードローンでは、毎月決まった日に、決まった額を返済していかなくてはいけません。
これに違反する、すなわち「延滞」していまうと、それなりのペナルティを覚悟しなくてはいけません。

 

まずは、返済期日に返済できなかった場合、その翌日から延滞利息=遅延損害金がかかってきます。
これは、通常の借入利率よりもはるかに高い利率であることが多く、一般的には法律の上限である20.0%が大半となっています。
また、カードローン会社から督促の電話が入ります。
最初のうちは、口調もそれほどきつくはないでしょうが、日数がかさんでくると、そのうち自宅→勤務先へと連絡先が変わってくることになります。

 

それでも放置していると、督促状は発送されます。
その文面も最初はゆるやかでしょうが、そのうち「法的措置」という文言が入り、普通文書→内容証明と、深刻な状況になっていきます。

 

一般的には2〜3ヶ月入金が無い場合には、個人信用情報に「事故情報」として記録されます。
この「事故情報」は、延滞を解消した後も最低は5年間記録されることになります。
こうなると、後々他のローンを申し込んだり、クレジットカードを申し込んだりした場合の審査に悪影響を与えます。
さらにカードローンでは新たな借入ができなくなり(新規貸越停止)、延滞を解消した後も、残高が無くなるまで返済のみしか利用できなくなってしまいます。

 

このような状況に陥る前に、必ず担当者に連絡するようにしましょう。
カードローンの利用は、お互いの信頼関係が重要です。

 

○カードローンの返済日をうっかり忘れてしまいました。

カードローンの利用は、きちんと毎月返済を行うことが大切です。
返済日に入金がなければ、カードローン会社側から督促の連絡が入ります。
たとえうっかり忘れていた場合でも、その事情は関係ありません。

 

督促の電話が自宅に入った場合に、家族に利用がばれてしまう危険性もあります。
それには、きちんと返済日を守るしかありません。
万が一、返済を忘れてしまった場合にはすみやかに会社側に連絡を入れるようにしましょう。

 

返済を忘れてしまうこと自体は問題ですが、そのまま放置するのとでは印象が全然異なります。
会社側も、連絡を入れてくれたことで安心もできます。
場合によっては、最寄りのATMや営業時間、遅延損害金の額をきちんと教えてくれます。
そして、すみやかに返済を行うようにしましょう。

 

たった1日の入金忘れでも、そのことが続いてしまうと「くせ」のようになってしまいます。
そうなると会社側との信頼関係をも壊してしまいます。
最悪の場合、新たな借入ができなくなることもあります。
返済日は記録しておくなどして、きちんと守るようにしましょう。

 

○カードローンの「取り立て」が怖い!

返済が滞ると、まず自宅に督促の電話が入ります。
その後督促手段は、「勤務先への電話」→「督促状」と進んでいきます。
通常は、担当者が出向く「取り立て」までは行われることはありません。
しかし貸出金額が高額の場合などは、担当者による「取り立て」が行われることもあります。

 

貸金業法では「 正当な理由なく、不適当な時間帯(午後9時から午前8時)に取り立てを行ったり、勤務先や居宅以外の場所に電話や訪問を行うこと」や「債務者・保証人以外の第三者に対し、みだりに弁済の要求を行うこと」が禁止されています。
返済を滞るままにしておくと、粛々と法的整理が進んでいくことになります。
強引な「取り立て」は行われませんが、裁判所を通じた債権回収処理が進んでいくことになるのです。

 

強圧な「取り立て」がないからといって返済をおろそかにすることは絶対に禁止です。

 

○カードローンをお得に返済する方法は?

カードローンをなるべくお得に返済していくには、なるべく利息負担を少なくすることです。
それには、できるだけ「早く完済する」ということが重要になってきます。
早く完済するほど、総支払利息額が少なくなるのです。

 

余裕のある時に、できるだけ返済を進める「繰上返済」を検討しましょう。
通常のカードローンは、任意にいつでも返済を行うことが可能です。
店頭に行かなくても、最寄りのATMでカードを入れることで任意返済が可能です。
また、ネットバンキングを利用しての繰上返済も可能な商品も多くあります。

 

注意点は、商品によっては繰上返済を行うと「手数料」が発生することです。
「手数料無料」の商品であればいいのですが、手数料がかかる場合には、少額を何度も返済するよりも、ある程度まとまった金額を返済するようにしましょう。
その分負担する手数料が少なくてすみます。

 

また、繰上返済と毎月の返済は別口であることにも注意が必要です。
通常は、繰上返済を行った場合でも、その月の約定返済が行われる場合がほとんどです。
間違って考えて、入金をしないでおくと、延滞ということになってしまいますので十分に注意しましょう。

 

○返済額を間違って多めに振込んでしまいました。

返済金額を間違って多く振込んでしまった、という経験はありませんか。
この場合に、返却をしてもらえるものなのでしょうか。

 

銀行の場合には、「組戻し」という処理を行ってもらうことができます。
振込先や振込金額を間違った場合に、振込先に依頼して戻してもらる処理です。
銀行担当者に依頼することによって、カードローン会社に対する「組戻し」に応じてくれる場合がほとんどです。

 

しかし、場合によっては、多く振込んでしまった部分を「繰上返済」とみなされることがあります。
振込処理からかなり日数が立つと、元金部分への「繰上返済」の処置が完了し、返却不能となる場合があります。

 

また「組戻し」には一定の手数料がかかります。
約800円程度の手数料が必要となる他、余計な手間と時間を要してしまいます。
振り込んたときの振込手数料も戻ってくるとは限りません。
このような事態にならない為には、なにより振込ミスをしないように注意するしかありません。

 

○返済途中に追加で借りることはできますか?

カードローンの特徴は、借入限度額の範囲内で借入と返済を繰り返していく融資であるということです。
審査で決定された借入限度額範囲内であれば、基本的にいつでも借入を行うことができます。
例えば、借入限度額100万円のカードローンで初回に100万円を借入し、その後返済により借入残高が80万円になると、空き枠20万円はいつでも融資を受けることができるのです。

 

これは返済の途中であっても変わりません。
追加融資、借り増しができることが、他のローン(住宅ローンなどの目的型ローン)とは異なる点です。
ただし、あくまでも借入=借金であることを頭に入れておかなくてはいけません。
追加借入が可能だからといって、必要額以上に現金を引き出すようなことはやめておきましょう。